メロンといえば北海道でしょ!おいしいメロンの食べ方とは?

 

 

メロンといえば、北海道!どうして北海道のメロンがおいしいのでしょうか。代表的なのが夕張メロンですよね。そのほかにも「らいでんメロン」や「富良野メロン」など、北海道にはたくさんのメロンが生産されています。

北海道の大地で育ったメロンのおいしさの秘密や一番おいしい食べ方をご紹介します。

 

メロンのおいしさは北海道の大地にあり

メロン1

メロンは5月から7月にかけて旬と言われています。北海道が産地として有名なのは、メロンを育てるのに適している湿度や火山灰が含まれている土が豊富にあるということと、大きなメロンが育つための広さの確保が十分にあるからといえます。

ビニールハウスでの温度調整が必要となりますが、メロン栽培にとても適した土地といえるでしょう。梅雨がないという北海道だからこそ、おいしいメロンが作れるのかもしれません。

 

おいしいメロンの選び方

メロン2

夕張メロンやアンデスメロンなどの表皮に網目があるメロンは、くっきりと網目が細かく均等になっているかを確認しましょう。表面の色も均等に同じ色になっているものを選ぶのがポイントです。ずっしり重いメロンがおいしいとされていますので、選ぶときの参考にしてください。

 

メロンのおいしい食べ方

メロン3

メロンのおいしい食べ方2~3時間冷やしてから縦に切って食べるのがおすすめです。

それまでは日の当たらない涼しい場所で常温保存します。食べごろの時期も、夕張メロンのように上についているヘタがついているメロンの場合は、ヘタの水分が抜けてヘタが固くなった頃が食べごろです。ヘタが付いていない場合は後ろの真ん中の部分を軽く押してみて、やわらかくなっていたら熟しているので早めに食べてください。冷やし過ぎないのがポイントです。

 

いかがでしたでしょうか。北海道の広い大地で育ったメロンは、完熟前に出荷されるので食べごろまでに数日かかります。待ちきれない気持ちを抑えて、じっくりと食べごろサインを見逃さないように待つのも楽しみのひとつになりそうですね。