作ってみた!甘くてミルキーな「桃のカプレーゼ」で桃のジューシーさを味わおう!


桃のオシャレな食べ方とは?

FullSizeRender-4

糖度12度を超える山梨フルーツラインの桃。香り高く甘いこの桃は、シンプルに食べるのももちろん美味しいですが、実は一風変わってちょっぴりオシャレに頂くレシピもあるのです。ホームパーティーやおもてなし料理の際に喜ばれる、桃のオシャレなアレンジレシピをご紹介します。

 

5分で作れる「桃のカプレーゼ」

 

IMG_4446

 

ジューシーな果汁がたっぷりの桃。そのまま食べた方が美味しいのでは・・という方にこそ是非一度オススメしたいレシピが「桃のカプレーゼ」です。桃の甘さとモッツァレラチーズのまろやかな塩味が絶妙のコンビネーションを奏でるこのレシピ。5分とかからず作れるので、ホームパーティーでの前菜や、急な来客時のおもてなし、また、ワインやシャンパンのおともとしても大活躍してくれます。

 

IMG_4335

カプレーゼというと、通常はトマトとモッツァレラチーズをオリーブオイルとバジルで味付けた前菜を思い浮かべますね。「桃のカプレーゼ」は、このトマトを果汁たっぷりな桃に変えて作ります。トマトが甘ければ甘いほど美味しいカプレーゼ。桃で作ればその味はお墨付き!桃とモッツァレラのミルキーな口どけを存分に楽しむことが出来るのです。

 

材料

桃 1個

モッツァレラチーズ 1個

オリーブオイル 大さじ1

白ワインビネガー 大さじ1

レモンの皮 適量

塩・胡椒・粉末バジル 適量

 

作り方

作り方はとっても簡単です。まずはモッツァレラチーズを適当な大きさに手でちぎります。この時、包丁で綺麗にカットするのではなく、手でちぎることが美味しく仕上がるポイント。手でちぎることで切れ目がまだらになり、後のソースが絡みやすくなるのです。

チーズの用意が出来たら、桃をカットしましょう。くし型にカットし、レモン汁で軽く和えて変色を防止しておきます。

後は、器に桃とモッツァレラチーズを盛り付けて塩胡椒をし、仕上げにオリーブオイルと白ワインビネガーをまわしかけて完成。お好みで削ったレモンの皮をかけたり、バジルやミントを散らしてもgoodです。

 

IMG_4445

 

葉物野菜を添えてサラダ風にアレンジするときには、白ワインビネガーの代わりにバルサミコ酢を使うのもオススメ。ほんのり甘く酸味のあるバルサミコが桃のジューシーな甘さを引き立て、ボリュームアップした一品に仕上がりますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

山梨フルーツラインの桃を使ったオシャレなアレンジレシピ。5分もかからず出来るので、ぜひ一度お試しくださいね。