エリンギは女性の味方!エリンギで常備菜「エリンギのマリネ」を作っちゃおう♪


 

ヘルシーで食物繊維もたっぷり、おなかもいっぱいになれるきのこ類。その中でもクセが少なくコリコリとした食感が愛されているエリンギは美肌効果やむくみ解消、イライラの改善など女性にとって嬉しいことばかり!まさにエリンギは女性の味方なきのこと言えますね。

今回はそのエリンギをいつでも楽しめるおすすめの常備菜「エリンギのマリネ」の作り方を紹介します。

 

常備菜「エリンギのマリネ」の作り方

 

 

エリンギの他に好きなきのこを入れても美味しい常備菜「エリンギのマリネ」。フライパンで焼いてしんなりさせて作る方法もありますが、マリネ液をしっかりと吸ってくれるオーブンで火を入れる方法での作り方をお伝えします。

 

エリンギのマリネの材料

 

分量がないと困る方のために()に分量を記載しています。なくても大丈夫という人は好きに作っちゃってください。

私は気分によってオリーブオイルを多めにしたり、ニンニクを入れたり、ブラックペッパーを粗挽きなどにせず丸ごと入れてしまうこともあります。

 

・エリンギ:好きなだけ(1~2パック)

・お好みできのこ:すきなだけ(1パック)

☆酢か白ワインビネガー:大4

☆塩:小1/2~1

☆ブラックペッパー:少々

☆砂糖:大1~大1と1/2

☆オリーブオイル:大2~大3

 

エリンギのマリネの作り方

 

オーブンを130℃〜140℃くらいに温めます。程よい温度はご自分で何度か作って調節してみてください。

オーブンを温めている間に、エリンギを手で食べやすい大きさに割きます。他にきのこがあればそれも手で割いてください。

 

 

こんな感じで簡単に割けます。全て割き終わったら、天板にクッキングシートを敷いて、きのこを並べます。水分を飛ばすことが目的なので、重ならないようにすることがポイントです。

オーブンの余熱が終わったら、15~20分程度焼きます。しっかり水分を飛ばしたいので、様子を見ながら時間を調節してください。

☆の調味料を混ぜ合わせて、エリンギが焼きあがったら、先にエリンギを保存容器に入れてその後マリネ液を流し込みます。流し込んだら蓋を閉めて、混ざるように振ります。30分〜40分程度は味をなじませるために放置して、保存は冷蔵庫で行います。

できるだけ4日以内に食べきるようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?エリンギのマリネを作ると、マリネがとっても便利で他のマリネも作りたくなります。その場合、保存する容器は統一した方が冷蔵庫で保存がしやすいです。ただ、瓶での保存はやっぱり可愛いな、と思うので可愛いのが好きな人は小さなガラス瓶で揃えてあげても良さそうです。

女性の味方なエリンギを始めとするきのこを日常的に食べて、綺麗になっちゃいましょう!