味も栄養も王様級!「メロン」の美容効果と美味しい食べ方

フルーツの王様「メロン」

めろん1

数あるフルーツの中でも、「フルーツの王様」と言わしめるのが「メロン」。リッチな香りとみずみずしい口溶け、それでいてコクのある甘みが楽しめるメロンは、実は味だけでなく栄養も王様級のフルーツなのです。

 

メロンの栄養とその魅力①強い抗酸化作用によるアンチエイジング

めろん2

メロンには、「オキシカイン」という成分が豊富に含まれています。これは、身体の細胞を酸化=老化させる活性酸素の働きを抑制する「抗酸化作用」を持った栄養素。

 

さらに、他の抗酸化作用をもつ栄養素よりもその働きが強いことでも近年注目されているのです。「オキシカイン」は、細胞の中で留まる時間が他の物質よりも長く、その分長く抗酸化作用を発揮することができます。また、もともと体内で形成され代謝を促す酵素への働きかけも強く、より活性酸素の除去に役立ってくれるのです。

 

抗酸化作用によって活性酸素が除去されると、細胞の老化が留まり美肌や美髪などアンチエイジングにも繋がるんですよ。

 

メロンの栄養とその魅力②カリウムによるむくみ解消効果

めろん3

脱水症状を防ぐために、こまめな水分補給が必要不可欠な夏。しかし、室内は強い空調で涼しく保たれ、意外と内蔵や手足は冷えているのが現状です。内蔵や手足が冷えた状態で過剰な水分が摂取されると、水分代謝が悪くなり顔やふくらはぎがむくみがちに。塩分の高い食事や、アルコールを飲んだ翌日等も、この水分代謝が原因で身体がむくんでしまうのです。

 

めろん4

そんなむくみを解消してくれるのが、メロンに含まれる「カリウム」という成分。冷たいものを食べたりクーラーの聞いた室内に長時間いることで血行が悪くなった身体に、このカリウムという成分は大活躍。血液や水分の循環力を高め、余分な老廃物や水分を排出しやすくしてくれます。

 

むくみを放置していると、やがてセルライトとして脂肪にかわり太りやすい体質になってしまいます。余分な老廃物は早めに排出してデトックスできるよう、日頃からカリウムを沢山とっておくことが大切ですね。

 

メロンの美味しい食べ方

めろん6

せっかく美味しいメロンを買っても、その保存方法を間違えてしまったらもったいないですよね。メロンは冷蔵庫に入れるとどんどん味が落ちてしまうので、常温で保存し食べる1〜2時間くらい前に冷蔵庫で冷やすのが最も美味しく食べれる秘密です。今まで冷やしすぎてしまっていた・・・という方、是非今年からはほんのり冷える程度で食べてみてくださいね。

 

まとめ

めろん7

いかがでしたでしょうか?「フルーツの王様」とも言われるメロンは、味わいだけでなく栄養素も王様級!みずみずしく甘いメロンは、旬を迎える夏にしか味わえません。手土産としてもとっても喜ばれるので、是非ギフトとしても活用してみてくださいね。